モロッコ雑貨のお店「ファティマ・モロッコ」、ボスの買付け日記。


ボスの買い付け日記

モロッコ雑貨のお店「ファティマ・モロッコ」

<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
モロッコから
先週私の誕生日があった。
もう喜ぶ歳でもないけど、歳をとることにさして抵抗のない私は、他の同年代の友人たちのように悲観することもない。
誕生日の前日は実家で家族と焼肉やさんで前夜祭パーティー。当日は友人たちとみんなでお寿司やさんと、誕生日を良いことに旨いものばかり食べて自分の誕生日を満喫(笑)。

ほろ酔いの良い気分で我が家に帰ると宅急便が宅配ボックスに届いている。なんだろ~?と開けてみるとナンとモロッコワイン!ヌハからのプレゼントが届けられたのです。
こんな気を使わなくても良いのに~と思いながらも、やっぱり嬉しいもの。酔った勢いで危うく飲んでしまいそうになったけど(笑)、そこはぐっと我慢して、お気に入りのキャビネットに飾ることにしました。しばらくは鑑賞しておこうっ!とモロッコワインの誘惑に負けずその日は就寝。次の日朝起きて会社に行く支度をしているとまたまたピンポーン!誰だ~??と思ったら又宅急便。今度は「ふくやの明太子」の箱だ!誰かからのお中元かな?と思って差出人を見てみると、な~に~?モロッコ~??ヌハからのプレゼントの第二弾「おつまみセット」でした(笑)。我が家ではモロッコから明太子が届いた~と大盛り上がりの朝でした!
d0131698_972411.jpgd0131698_973447.jpg
[PR]
by fatima_morocco | 2007-07-29 09:06 | マラケシュ
お別れ
13時20分発の飛行機に乗るため、11時にはヌハ宅を出なくてはならない。
何の帰り支度もしていなかった私は、朝早くから起きてパッキングをし、今後のスケジュールの確認をヌハと綿密に打ち合わせたあと家を出た。子供たちもお見送りに来てくれるそう。

空港では子供たちとジュースを飲みながら、今度は9月に来るからね♪と約束を交わし、いよいよお別れの時。子供たちは代わる代わるに私に飛びつき、何回も熱烈なチューをしてくれたのでした。ずっと人見知りから馴染めずにいた息子ちゃんも、ここ2~3日は打ち解けてくれた様子で、やっと仲良くなれたのにすぐにお別れなんて・・・と寂しく思っていると、ゲートに向かう私の後ろから大きな声で「バーイバーイ」と叫びながらの投げキッスの嵐を送ってくれたのです。思わずキュンとなり、目頭が熱くなってしまったのでありました。「又来るからね~」と大きく手を振ってお別れ。

予定通りにパリ、オルリー空港に着き、シャルルドゴール空港に移動。
パリ~成田はラッキーなことにアップグレード♪まわりで皆さんがビジネスクラスのお料理を堪能している中、そんなものには目もくれずに、ヌハ特製のおにぎりをむしゃむしゃ食べて、あとは熟睡。成田までのフライトはあっという間でした。

今回も何とか無事に出張終了。いつものことながら、スケジュールはタイトでバタバタ続き。本当はもっとゆったりと来て、モロッコライフを満喫したいのだけど、そうも言っていられない。モロッコ滞在が長ければ長いほど、日本での仕事が溜まってくる。来月からは待望の社員も入り、彼女が私の仕事のアシストをしてくれるので、少しは楽になるかなあと期待しながら、今回も超過密スケジュールでの旅でした。

ちなみに今回の旅で一番嬉しかったこと。それはヌハの娘ちゃんと話をするときに、私が「おばちゃんはね~」と話しかけると、「○○さんはおばちゃんなんかじゃない!!」と言ってくれたこと(笑)。←お世辞をいうような子でないので尚更嬉しいのだ!
一番ショックだったこと。それは大好きなオットマンの工房のおじさんに(取引先のなかで一番品の良い、無口で素敵なおじさん)、「君はこんなにモロッコに来ているのに、まだアラビア語が話せないのかね~」と言われたこと。それを遠慮がちに通訳するヌハにも「すみません・・・」としか言い様がなかった。。。マジで勉強せねば・・・
次回の出張予定は9月。そのときまでに「旅の指差し会話帳」で特訓するか~!と心に誓ったのでありました。
[PR]
by fatima_morocco | 2007-07-12 09:05 | モロッコのこと
最終日
今日はマラケシュ滞在最後の日。
やり残したことはないか?朝から念入りにチェック。今日中に終わらせなければならないリストを作り(注・私は口だけ動かし、ヌハがきちんと作ってくれた・笑)、支度をする。
今夜は最後の晩なので、お友達を誘って日本食レストラン「橘」に行く予定。
朝から子供たちには、「今日もお仕事付き合ってね~。夜はおしゃれしてレストランにいこーね」と言い、今日一日良い子でいてくれることを約束。
私たちは暑さ対策を万全に、全員帽子をかぶり、麦茶を持って出発。
いつも良い子たちなのに、今日は一段と良い子でいてくれて、仕事はスムーズに終了。なんておりこうさんなの~!と感心。まあたまにバブーシュの山のダイビングしたり、のお遊びはありましたが(笑)。

夕方前に一旦帰宅。銀行の温度計は50度。
いつもプチタクシーで帰るのだけど、このプチタクシーは3人乗り。なので私たち子連れ4人組は毎回2台のタクシーで移動しなければならないのだ。
家から出発するときは、行き先が明確なので私でも運転手さんに伝えられるが、帰りは困難。ヌハのお家は住宅街。○○地区にお願いします、とまでは言えても、運転手さんが多分「どのあたり?あのモスクのあたり?」とか色々聞いてくることに答えができない。ましてや同じような道がたくさんある住宅街は言葉が通じたとしても説明が難しい。
ところがいつも私のことを心配してくれて、ママと同乗しないで私と乗ってくれている娘ちゃんは凄いのだ。後部座席に私と座るも、運転手さんの肩越しに「あっち、こっち」と指示をだす。運転手が間違った道を行こうものなら「ちーがーうー!」とUターンまでさせる。もちろん後ろから来るヌハと息子ちゃんの乗ったタクシーのこともしっかりチェック。後ろから追い越されようもんなら、運転手さんに「あれママのタクシー、早くついていってよ~」みたいなことをしゃべり続ける。
こんな頼もしい娘といつも一緒に乗るタクシーは、一度もぼられることもなく、正規のメーターどおりの値段で、無事に家に帰れるのでありました。この娘ただものではない・・・

夜はみんなでレストラン。
7時半に予約を入れていたので、ちょっとお洒落をして出かけた。お友達とも合流して、みんなで楽しく会食。子供たちはちょっと緊張顔で、お行儀良くお寿司を食べている。お料理はとても繊細でなおかつ美味しく、ビールやワインも進む。子供たちは大人たちが飲んでいる赤ワインを見て、物珍しそうに「コーヒー?な~に?」と目はまん丸で不思議顔。それもそのはず。このイスラムの国で育っている子供たちにとってお酒なんてみたこともない。ましてや赤黒い色のワインなんて、コーヒーにしかみえないのだろう。「大人の飲み物だ」と説明すると、納得して自分たちはコーラで盛り上がっていた(笑)。

今夜も閉店まで大盛り上がりの夜でした。
d0131698_944229.jpg
d0131698_945296.jpg

[PR]
by fatima_morocco | 2007-07-11 09:03 | モロッコのこと
熱帯夜は・・・
今回初めて体験したこと、それは凍らした大きいペットボトルを抱きかかえて寝ること(笑)。以前ヌハがエルフードに住んでいたとき、「熱帯夜の晩は寝れるの?寝苦しいでしょう?」と聞いたときに、「そういう夜は凍ったペットボトルを抱いて寝るんです。結構寝れますよ~。」と言っていた。そのときは人事のように聞いていたが、まさか今回それを体験するとは!!
というのも、日に日に暑さが増してきて、今までは夜になると涼しい風が吹いていたのに、昨晩は無風。日中温めに温められた部屋も、夜になり温度が下がることもなく物凄い暑さ。
体は疲れているので眠たいのだけど、暑くて寝られない。
そこで登場、ガンガンに凍らせた1,5リットルのペットボトル。枕代わりにしたり、抱きかかえたり、、、かなり快適にぐっすりと寝ることができました。本当に助かった~。帰って日本でもやってみよ~(笑)。

そんな感じで熟睡できた私は、今日も子連れで仕事に向かう。午前中バブーシュ工房でほとんど時間が費やされ、子供たちももう飽きてきた様子。じゃあランチしに行こう!と今日はフナ広場近くのお気に入りレストランに向かう。
娘ちゃんに「手で食べるタジンの食べ方」をレクチャーしてもらいながらの楽しいランチ。6歳の娘ったら本当に綺麗に手で食べる。お箸も上手に使えるしアラビア語も超上級者だし、全くこの娘には頭が上がらない。今朝出かけにバタバタしちゃって、家用に履いていたビーチサンダルをそのまま外に履いてきてしまった私を見て「はずかしいよ~」と上手な日本語。おばちゃんだって恥ずかしいんだよ~とマジで会話している私たちでした。その横でママに甘える息子ちゃん。モロッコ男のマザコンはすでに始まっているのでありました(笑)。

夕方私は友人と待ち合わせ。今夜はインディアンレストランにご招待してくれるそう。。。楽しみ!まだ仕事をしている旦那様を待つ間、私と彼女はホテルのバーで生ビール♪
その後、彼女お勧めのナチュラルコスメのお店に立ち寄り、超大人買い。つぼにはまってしまったのだ。石鹸やらシャンプーやらバスオイルなどなど大量に購入して大満足!

連れて行ってもらったインド料理も雰囲気もお味もとても良く、とっても気にいりました。又今度来ようっと。たくさんごちそうになり、ありがとうございました。
d0131698_93549.jpgd0131698_931848.jpg
[PR]
by fatima_morocco | 2007-07-10 09:05 | モロッコのこと
53度
d0131698_905734.jpg

昨夜マラケシュに帰ったと同時に、エルフードに行っていたヌハの子供たちがおじいちゃんに連れられて帰ってきた。
なので今日からは子連れで仕事。
下の息子はヌハと、上の娘は私と、しっかり手をつないでスークの中を歩き回る。まだ6歳と4歳なのに大して愚図ることもなく、本当に良い子たちだなあと感心感心。暑い中仕事に付き合ってくれた子供たちへのご褒美にランチはマクドナルドへ。。

2階のプレイルームにある滑り台を何十回となく滑って、おもちゃ入りのハンバーガーの何とかセットを食べ、大喜びの二人。こんなに喜んでもらえるなんて連れて来がいがあるってもんだ。大好きなファンタオレンジを飲んで、口の周りをオレンジ色にしながら遊びまわる子供たちを見て、本当に癒されたひとときでした。
d0131698_91224.jpg

一旦家に戻り、夕方から私一人で仕事にでかけた。場所は新市街。暑い暑いと思っていたら、銀行の前の温度計が53度になっていた。うそだろ~???
それを見た瞬間からふらふらになってきて、さっさと仕事を済ませすぐに帰宅。
体中が火照っていて頭もぼーっとしている。
水シャワーを浴びて、私の命の水(?)ビールをがぶがぶと飲んだら、やっと落ち着いてきて、ここからはリフレッシュタイム。子供たちと遊びながら過ごしていると、続々とマラケシュ在住日本人女子たちが遊びに来た。ヌハ特製のキムチチャーハンをみんなで食べ、話は夜中まで盛り上がり、楽しい夜でありました。
d0131698_914234.jpg

[PR]
by fatima_morocco | 2007-07-09 09:00 | モロッコのこと
エッサウィラ
午前中はお友達夫婦とは別行動。彼らは朝早くからお仕事に出かけた。私とヌハはゆっくりと起き、ホテルの朝食を楽しむ。
今回のモロッコ滞在はヌハ宅にお世話になっているので、ホテルの朝食は初めて。コーヒーも今回のモロッコ初。あんまりパンとコーヒーが好きでない私とヌハは、毎朝ヌハお手製のおにぎりを食べ、日中喉がかわいたら麦茶を飲み、夜はヌハの手作り夕飯を食べ、という生活だったので、今回のこの厳しい暑さにも何とか身体が持っているようなもんだった。本当にありがたい。これがもしいつものホテル生活なら、とっくに具合が悪くなっているであろうに。。。というわけで、ここエッサウィラでは感謝の意味もこめて「プチ社員旅行」。ちょっと素敵なホテルに泊まって、美味しいものをたらふく食べて、豪勢に行きましょう!(もちろん仕事が第一の目的ですが、、、)と昨夜は海沿いのレストランで生牡蠣とワインを堪能した。モロッコ人・夫君も生牡蠣に挑戦。「おいしい・・・」と日本語で言ってくれるが、顔はそれとは反対の困った顔(笑)。あとの3人は本当に美味しい顔をしてオイスターに夢中になっていたのでした。
d0131698_8575331.jpg

で、今日のランチはいつもの屋台。
それぞれの仕事が終わった時点でランチタイム。
いつもの屋台にまっしぐら。何十軒もある屋台の呼び込みのお兄さんたちに声をかけられても見向きもせず、おなじみの屋台へ。
d0131698_8582785.jpg

大きなカニ2ハイとエビにイカ、いわしとてんこ盛りにオーダー。私は一番大好きないわしを、ヌハはカニ、モロッコ人・夫はエビ、妻もカニ、とそれぞれの好きなものをひたすらだまって食す。もちろん全て完食!
d0131698_859377.jpgd0131698_8591380.jpg
食後は海沿いを散歩しながらまったりと過ごし、夕方マラケシュへと戻ったのでありました。
d0131698_8594890.jpg

[PR]
by fatima_morocco | 2007-07-08 08:56 | モロッコのこと
メッラー(旧ユダヤ人街)
d0131698_8525760.jpg

今日も朝から強烈な日差し。夕方からエッサウィラに行く予定なので、それまでに今日のやるべきことを全部済ませなければならない。この暑さの中どこまで頑張れるか自信がないけど、そんな甘いことは言ってられない!相変わらず元気なヌハからパワーをもらい支度する。お手製のおにぎり3個を平らげ、凍らした麦茶を持っていざ出発・これ毎日の定番(笑)。

午前中に済ませなければならない用事のためメッラー(旧ユダヤ人街)に向かう。
買う予定だったものがなかったり、以前になくてあきらめていたものがひょっこりと見つかったり、、、モロッコではこんなことは日常茶飯事。計画通りに行かないことと分かってはいても、当てにしていたお店が急にお休みしていてがっくり。。

それでも何だかんだと色々買い物をしているうちに、あっという間に時間が過ぎ、フナ広場近くのシュワルマやさんでサンドイッチのランチをパパッと済ませ、午後はスークでお仕事。
d0131698_853344.jpg

夕方5時に友人夫妻(モロッコ人・夫、日本人・妻)と待ち合わせ、一路エッサウィラへと向かう。
日中の暑さと時差ぼけ、疲れから「絶対に寝てしまうだろうなあ、寝ちゃったらごめんね」と運転をしてくれる友人・夫君に先に謝っておくも、車中は女3人の大おしゃべり大会!
大人しい夫君が無口にただ運転する横と後ろで、しゃべるしゃべる(笑)。時折フランス語やアラビア語で彼に話をふったりするのだけど、気がつけば又日本語でベラベラベラベラ・・・と話は尽きず、あっという間の3時間の旅、眠気どころか、頭が妙に冴えてしまってナチュラルハイ状態でのエッサウィラ到着でした。
[PR]
by fatima_morocco | 2007-07-07 08:51 | 買い付け
モロッコで生ビール
今日は夕方から某雑誌の撮影を某デザイナーズリアドで行った。
某・某となんだか凄く秘密主義っぽいけど、雑誌は発売真近にお知らせするとして、リヤドに関してはどうやら名前を公表したりできそうにない。
というのもこのリアド、有名デザイナー所有のものらしいのだけど、何に関してもガードが固く、写真一枚簡単には撮らせてもらえない。
撮影場所も限られており、「この壁はダメ、この床はダメ・この椅子はダメ・・・」とNGものが多すぎ。挙句の果てには、そこで飼われている猫ちゃんも「写さないで!」とご注意を受け、ただただびっくり。
そんな中で唯一屋上のテラスは自由に使え、おかげさまで無事に撮影終了。夕方4時からとはいえ、マラケシュの気温は40度を越している。炎天下の中での撮影はスタッフ全員がふらふらになるくらい厳しいものでしたが、なかなか良い写真が撮れていそう。。出来上がりが楽しみです。

この日全ての仕事が終了したのは7時過ぎ。
私とヌハはすっかり直射日光にやられ、バテバテモードだったけど、お友達を誘って新市街のイタリアンレストランに出かけた。こんな夏バテのときに「イタリアン~?」って思うかも、、、だけど、ここは大好きなモロッコビール「スペシャル」の生が飲めるのだ。
やっぱり夏は生ビールよね~って言いながらオーダー。全員が口を揃えて「冷た~~いのを持ってきてね」とお願いし、やってきたジョッキ入りの生ビールは、冷え冷えの素晴らしい美味しさでありました。ほとんど一気に飲み干した私は2杯目をオーダー。ヌハとお友達のソフィアンちゃん(注・日本人女性)は目を真ん丸くして「凄い飲みっぷり~」とびっくり(笑)。

開店と同時に一番乗りで入った私たちは生ビールに酔いしれ、話も盛り上がり、結局閉店まで居座ってしまったのでありました。
[PR]
by fatima_morocco | 2007-07-05 08:49 | モロッコのこと
モロッコへ
連日のハードワークに追われ、準備もバタバタで、とりあえずおみやげと少しの着替えをスーツケースに詰めて、パスポートを握り締め空港に駆け込む。今回も夜のフライト。本を何も持ってこなかったことに気づき、空港内の本屋へ直行。特に読みたいものが見つからなかったのだけど、適当に文庫本を数冊選んで飛行機に乗り込んだ。今夜の飛行機は満席だったけど、運よく非常口の窓側の席をゲット。足を伸ばして座れるので随分と楽。
10代、20代の頃は、飛行機に乗るのが大好きで、いつもわくわくしていたけれど、最近はちょっと。。。歳のせいですかね~。本を読んだり、映画を見たり、仕事をしたり、と12時間のフライトはとにかく長い。
まずは本でも読むか~と開いて数ページ読んだところで、気を失うように眠りに落ちた(笑)。気がつくともうロシア上空。知らぬ間に7時間近く爆睡していたのでした。。。

パリに着いたのは早朝4時半。パリの街は予想以上に寒く、13度しかない。
私は?と言えば、薄い素材のチュニックブラウスとレギンスにサンダル。持っていたスカーフをどんな風に巻こうが寒さはしのげず、震え上がりながらオルリー空港に移動。

5時間の待ち時間を経て、ようやくマラケシュ行きの飛行機に乗り、ここからの3時間はお仕事タイム。今回は着いてすぐに仕事、というスケジュールなんで、ぼけーっとワインなんて飲んでいられないのだ。今日と明日の段取りをチェックしながら、一人ぶつぶつ。
大好きなビールとワインは今夜までおあずけだあ~。

毎回モロッコに着いて、一番にイライラすること。それはイミグレのとろさ。なんたって遅い。カサブランカもマラケシュもどちらも!だいたいここを通るのに30分以上はかかる。まったく何をしてんだか!となりに座っている職員同士でおしゃべりしたり、ミントティ飲んだり。「さっさとせーーーい!」とせっかちな私は大抵ここで機嫌が悪くなる。何度も来ていて分かっていても毎回ムカつくのでありました。

やっとこさ荷物もピックアップし空港出口に向かうと、ヌハが先頭に立って手を振っている。この笑顔を見て私の機嫌は一発で良くなり、感激の再会(笑)。
お友達夫婦も来てくれていて、2ヶ月半ぶりの再会に話に花を咲かせながら一路ヌハ宅へ向かうのでありました。。。
[PR]
by fatima_morocco | 2007-07-03 08:47 | モロッコのこと
持ち物チェックは念入りに
毎日忙しく過ごしているうちに、モロッコ行きがあさってに迫ってきてしまった。
何の準備もしていない私は、出発当日まで仕事に追われているので、昨日、パッキング準備。前回の失敗はもうしないぞ~!
d0131698_845148.jpg

そうです、前回の4月のモロッコ出張、忘れもしない4日、出発の準備を全て整えていざ出発!という出かけ際に何気なく見たパスポート。えっ?何これ?えっ???えーーーーーーっ、期限切れ?確かモロッコは3ヶ月だか6ヶ月だか残存期間がなければ入国できないはず。。。私のパスポートの有効期限は6月。あと2ヶ月で切れるのであった。あせった私は、モロッコの旅行会社の友人に電話をしたり、モロッコ大使館に電話をしたり、日本の旅行会社の社長に電話したり、、、ありとあらゆるところに助けを求めて電話をかけまくったが、何の解決作もなく、皆さんの答えは「いちかばちか行くならご勝手に!ただモロッコで入国拒否されたらトンボ帰りですよ」だと。どうしよう??気がつかなかったことにして行ってしまうか?イミグレで泣きつくか?などなどプチパニックになりながらも、小一時間悩んだ末出発を断念した。
d0131698_8462287.jpg

その後1週間後に新たなパスポートを手にした私は、いつものエールフランスが満席で取れなかったため、名古屋発ドバイ経由~カサブランカ行きのなが~~い道のりで、無事に12日のお昼にカサブランカに到着したのでありました。

その失敗があったせいか、今まではパスポートは出発当日に用意するのだけど、今回は一番に出してチェック。もちろんこの前作ったばかりだから問題はないのだけど、とても心配性になってしまった私。これさえあれば何を忘れてもOK、とゆる~りと準備をしたのでありました。

ちなみに今回の荷物、仕事に必要なのはEMSで発送済なので、中身はラーメンばっかりです(笑)。誰のって? もちろんうちの優秀なスタッフ、ラーメン好きのヌハ用です。。。
[PR]
by fatima_morocco | 2007-07-01 08:29 | 買い付け


by fatima_morocco
プロフィールを見る
画像一覧

モロッコ雑貨のお店「ファティマ・モロッコ」


スタッフ・ブログ


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
モエシャンドール?!
from Fatima Morocco
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧